無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

joh

« バーニー(アニメ「ウォーリー」DVD付録映像)  | トップページ | 野球雑話 番外 »

2009年12月23日 (水)

カールじいさんの空飛ぶ家

●映画館で席を取る時に、驚き。追加300円。なに? 3D! 前日たまたまNHKで3Dについての番組を見ていた直後だっただけに、タイミングがよいやら…。映画会でこの映画を選んだ時には、まったく気がついていなかった。3Dと知っていれば、選ばなかった。参加の皆様、ごめんなさい…。でもそうでもなければ見ていなかったはずなので、よい経験だった。3Dについては、思いのほか、最後まですんなり見れた。立体が活きているシーンもあって、なるほどと思った。ただ、いくつか難点が。まず見終わったあと、目の奥の方が疲れた感じになった。眼鏡の上に眼鏡は、物理的にちょっとしんどい。またサングラスをかけているような感じで、見ている間は気にならなかったが、やはり全体に暗い感じがする。またアニメということで奥行きがあるといっても平面的であり、立体である必要はあるのかしら? ということで、まぁ しばらくは3Dは自分から見る気にならないかな。アニメやCGたっぷりの映画ではなく、実写での3Dは再チャレンジしてもよいのかもしれないが…。さて、映画本編は… といえば。おじいさんが、「妻との人生と言う冒険」を終えたとき、その思い出とそれ育んだ「家」や「モノ」から、新しい「誰かとともに生きる」という「冒険」を始めるまでを描く。映画の推薦コピーに宮崎駿が最初の10分がすごく良いと書いているように、冒頭の「妻との人生の冒険」の描き方は素敵だ。そこからは、かなり荒唐無稽な展開が続く。描かれるシーンに宮崎駿アニメの影響がみられる気がするが、少し重たくなりそうなテーマを荒唐無稽さではぐらかしたようにも思える。根底に流れる話は素敵なんだけど、この荒唐無稽さが、なんだか腑に落ちない。うーん、残念。たくさんの風船はきれいだったのに[HAZEL 好き=6点]
《映画》
●カールじいさんの空飛ぶ家/UP/2009年/アメリカ/103分/監督・脚本:ピート・ドクター/共同監督・脚本:ボブ・ピーターソン/出演(声):エド・アズナー、ジョーダン・ナガイほかほか

(2009/12)

« バーニー(アニメ「ウォーリー」DVD付録映像)  | トップページ | 野球雑話 番外 »

カテゴリー